2009年02月12日

iframeタグとatpages

■@pagesでDBのMySQLを使いたければ、utf-8でDBを構築しないとphpMyAdminが使えないと書いたが、

iframe限定かframeも共通か不明だが、@pagesでWebページを作っていて引っかかったのが、iframe内に@pagesの広告が入り込んでくること。

本来は、トップにのみ付くはずの広告が割り込んでレイアウトがぐだぐだになってしまった。

仕方ないからtableタグでガチガチに作り込むことになった。

■本当はアフィリエイトリンクをiframeで表示させ、Google検索に見えないようにしたかった。というか、あるいは、Googleから本文だけ見えるようにし、iframe内の広告は手軽に差し替えできるようにしたかった。

残念ながら、それは他所のWebページでやるしかない。


倉鉢徹のサイエンス館トップ


posted by kurapat at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 使用感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。