2009年03月11日

外骨格スーツ『HULC』

■外骨格型パワーアシストスーツは日本では福祉農作業用に研究されているが、米国の場合軍事用で研究だ。

「90kgの荷物を運び時速16kmで走れる外骨格スーツ『HULC』」

「ロッキードマーチン、実用軍用モビルスーツを発表」


「HULC」の名の元ネタは超人ハルクなのだろうなぁ。

Wiredの記事では「米Berkeley Bionics社のHami Kazerooni氏の技術をロッキード・マーチンが採用」と読み解ける。
Technobahnだとすべてロッキード・マーチンが作ったかのように読めてしまう。

しかし、米国の場合、軍事以外の用途にパワーアシストスーツを研究する必要が無いのだろうか?それとも軍事用途で研究費をつぎ込み、それを民生展開すれば言いと割り切っているのだろうか?


インクレディブル・ハルク デラックス・コレクターズ・エディション (2枚組) [DVD]
インクレディブル・ハルク デラックス・コレクターズ・エディション (2枚組) [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2009-02-25

倉鉢徹のサイエンス館トップ

人気ブログランキングへ


posted by kurapat at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。