2009年08月22日

ノベライズ-サマーウォーズ

■アニメ版ゲド戦記はCGMという名のヤラセがブログ上で行われた可能性があったが、

同じころ公開されたアニメ版「時を駆ける少女」の細田守監督の新作「サマーウォーズ」が2009年8月から公開された。
こちらもCGMというか口コミ力をめい一杯活用するべく何度も試写会が開かれた。

その関係か、公開前からネタバレ書き込みが散見される。

映画ネタバレ感想:ブログ記事

「『映画サマーウォーズ』 生き残る共同体と失われる共同体」

「映画『サマーウォーズ』はセカイ系かCommentsAdd Star」

家族というネットワークか、デジタルなネットワークか、という対決話と読めるだとかなんとか。

■小説版を読んだ感想は、技術説明に無茶があるような。「ラブマシーン」から盗んだアカウントを再奪取したり負荷をかけて、拘束する手段が、「格闘」や「コイコイ」であることに納得できるかどうか?
小道具やサイバー空間OZの設定への客の納得具合が問題かな?

「サマーウォーズ」岩井 恭平、角川文庫、角川書店(2009-07-25)
サマーウォーズ (角川文庫)岩井 恭平
角川書店(角川グループパブリッシング)
2009-07-25

時をかける少女 通常版 [DVD]仲里依紗, 石田卓也, 板倉光隆, 原沙知絵, 谷村美月, 細田守[監督]
角川エンタテインメント
2007-04-20

倉鉢徹のサイエンス館トップ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by kurapat at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。