2009年08月29日

加速ハードウェアGPGPUの効率は高いか?

自宅でスパコンとして売り込まれているGPGPUだが、

東工大のTSUBAME1.2のGPGPUボードによる改善寄与率が低く感じられる。

「CPUよりGPGPUで計算が10倍以上速くなる」という売り文句にしてはGPGPUボード追加で103TFLOPSから170TFLOPSへ60TFLOPS弱の向上程度に留まっているというのは、どういうことか?

CPU単体+GPGPU複数というような一つのユニット上での用途にチューニングされたプログラムは高速だが、このユニットを複数用意しても、ユニット数に比例した高速性は得られないということなのだろうか?

CPUクラスターを構成するユニット間の交信のオーバーヘッドが大きいとか。


「TSUBAME-Wikipedia」


HP Z800 Workstation (製品詳細ページ)


「未来を予測する技術」佐藤哲也、ソフトバンク新書
未来を予測する技術 (ソフトバンク新書 46)
ソフトバンククリエイティブ
2007-08-16

倉鉢徹のサイエンス館トップ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by kurapat at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。