2009年08月30日

ITER核融合研究向けスパコン置き場

東工大がスパコンへGPGPUを導入した理由は、核融合シミュレーション研究者がGPGPUと出会ったからだという話だった。

それで思い出したが、ITER用に六ヶ所村の研究施設にスパコンを設置する計画。

「独立行政法人日本原子力研究開発機構青森研究開発センター」

「国際核融合エネルギー研究センター管理研究棟完成記念式を開催」

「銭高組:核融合研究開発の世界的拠点国際核融合エネルギー研究センター建設工事がスタート」

計算機・遠隔実験棟完成が2009年度末を予定。つまり入れ物はまだ未完成。
そして、中に入れるハードウェアの情報はググっても引っかからない。

国際機関用なのだから今の主流のスカラークラスター方式だろうとは思うが、具体的な情報を得られないことにはなんとも。


「新・核融合への挑戦―いよいよ核融合実験炉へ」狐崎 晶雄、吉川 庄一、ブルーバックス、講談社 (2003/03)
新・核融合への挑戦―いよいよ核融合実験炉へ (ブルーバックス)狐崎 晶雄, 吉川 庄一
講談社
2003-03

倉鉢徹のサイエンス館トップ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by kurapat at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。