2009年10月09日

新書-レアメタル超入門


コンゴ東部のレアメタル争奪戦や中共(中国)によるアフリカのレアメタル発掘権獲得投資などを解説している本「レアメタル超入門」を見つけた。

著者はレアメタル専門商社社長。

石油高騰以降人気のハイブリッド車はレアメタルの塊と書いている。

リーマン危機以降の資源への投機マネーが引いている間にレアメタル採掘権への海外投資国内のリサイクル向上、日本の経済水域海底のレアメタル採掘技術の確保などが大切と主張。

ついでに中共の影響力拡大を警戒する危なっかしそうなモンゴルに租借権を設定して、日本人のふるさとアルタイにレアメタル特区を作ろうなどとも書いている。

■中共に媚を売るようなジャスコ岡田を抱える民主党政権がレアメタルとか資源において中共(中国)に遅れをとらないようにがんばれるものかどうか?あやしのではなかろうか。


「レアメタル超入門」中村 繁夫、幻冬舎新書、幻冬舎 (2009/5/27)
レアメタル超入門 (幻冬舎新書)中村 繁夫
幻冬舎
2009-05-27


倉鉢徹のサイエンス館トップ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキングはこちらをクリック!
posted by kurapat at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。