2009年10月24日

米、宇宙探査の金がない?


有人ロケット「アレス」とかスペースシャトル代替ロケットの開発や月を目指すロケットの開発は進行中だと思っていたが、

「米有人宇宙飛行計画の見直し、最終報告書を提出」

《「月や火星探査の金ない」米・専門委が報告書》

読売の記事は誤解を招くタイトル。

「新たな有人探査計画を行うような資金面のゆとりがない」というのが委員会の報告書。
従来からの無人探査機をいかに安く火星に送り込むか?といったようなミッションの継続には好意的な報告書の内容。

宇宙開発に後ろ向きな発言が飛び出していたオバマ大統領のスタッフたち。


国際宇宙ステーションとはなにか (ブルーバックス)
講談社
2009-02-03

われらの有人宇宙船―日本独自の宇宙輸送システム「ふじ」
裳華房
2003-09

倉鉢徹のサイエンス館トップ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキングはこちらをクリック!
posted by kurapat at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。