2009年10月28日

日本HP次世代スリムPC発売


インテルCore i7プロセッサ搭載ゲームPCというような広告が以前あったが、

《次世代スリムPCのスタンダードとなるか──「HP Pavilion Desktop PC s5250jp」 (1/2)》

「インテルCore i7プロセッサを搭載し、BTOでユーザーカスタマイズした低価格PCを買おう」という記事。

記事ではCPUスペックのほうを気にしているが、日本国内のゲームをストレスを感じない高速で動かすにはグラフィックボードのグレードの高いものを組み込み、メモリをたっぷり積むことが一番だろう。
ゲーム製作者の能力が低いから、マルチコアの機能を使えず、グラフィックボード性能やCPU速度に大きく依存する。
記事のように容易に動作クロック数をあげられるのならば、ゲーム動作も軽くなるというもの。


HP Pavilion Desktop PC s5250jp


倉鉢徹のサイエンス館トップ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキングはこちらをクリック!
posted by kurapat at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。