2009年11月03日

星の地図館 太陽系大地図


星の地図館の太陽系解説版が、

「星の地図館 太陽系大地図」だ。

惑星表面の地図や太陽系内の諸天体の図を列挙。

私個人としては「太陽系外縁天体」が興味深かった。冥王星が「準惑星」として惑星の枠から外れた事を受けて、同様な天体の「太陽系外縁天体」のページが目新しいところだ。

「セドナ」は覚えていても「エリス」なんて記憶の片隅にも残っていなかった。
新たに広がった太陽系の外縁部に興味があれば、面白い本だ。

太陽系の範囲については2光年先まで何かあるのではないか?という観測を伴わない憶測があること明記しておくべきか?
もっとも、太陽風が外部の宇宙線などを減殺しているエリアはもっと狭いらしいが。


「エリス (準惑星)-Wikipedia」
「太陽系外縁天体-Wikipedia」
「太陽系-Wikipedia」

■残念ながら、太陽系外縁天体の明瞭な写真が得られるような環境をわれわれ人類はまだ手に入れていない。

それでも未来に「宇宙蝶」のようなハイブリッド生命体による時間をかけた探査でカイパーベルト以遠の天体の詳細を知る時代が来るかもしれない。


「星の地図館 太陽系大地図 (STAR ATLAS 21 星の地図館) 」渡部 潤一 (著), 布施 哲治 (著), 矢野 創 (著), 石橋 之宏 (著), 片山真人 (著) 、小学館 (2009/7/15)
星の地図館 太陽系大地図 (STAR ATLAS 21 星の地図館)渡部 潤一, 布施 哲治, 矢野 創, 石橋 之宏, 片山真人
小学館
2009-07-15

太陽系の果てを探る―第十番惑星は存在するか渡部 潤一, 布施 哲治
東京大学出版会
2004-04

倉鉢徹のサイエンス館トップ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキングはこちらをクリック!
posted by kurapat at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。