2010年03月07日

ニュース解説-米国で地球温暖化への疑問続出


■小ブッシュが大統領だった頃「地球温暖化」に懐疑的だった米国は、「クライメートゲート事件」発覚以降、ゆり戻しが来ているようだ。

古森義久ブログ、ステージ風発:「地球温暖化への疑問続出」

だが、このタイトル「地球温暖化への疑問続出」は「地球温暖化は人為という仮定への疑問続出」と読むべき。

元々は新聞記事「【あめりかノート】ワシントン駐在編集特別委員・古森義久」が出典らしい。

■関連で「クライメートゲート」をググれば、日経に「地球温暖化」肯定論者の国立環境研究所「地球温暖化」室長については、

「【環境問題】地球温暖化データにねつ造疑惑★3」

「クライメートゲート(Climategate)」発覚直後の2ちゃんねるスレのキャッシュデータを読むと、「学者じゃない『計算機屋』だ」という文が登場。

つまりは、「現実の現象の研究者ではなく、計算機の中のモデルを弄り回しているだけの人」という認識でこの室長を評価する人も世間にはいるということ。

江守室長関連の日経記事は、
[急]地球温暖化データにねつ造疑惑(09/11/26)

「過去1000年の気温変動の虚実(09/11/27)」


  • 赤祖父 俊一
  • 発売日 : 2008/06
  • 出版社/メーカー : 誠文堂新光社
  • おすすめ度 : (16 reviews)
    5地球温暖化問題のウソがわかる
    5明快な論旨です
    5踊る地球温暖化問題
    5最近このことに関心を持ってから一番眼を啓かされた本
    4正しき地球温暖化への認識…


倉鉢徹のサイエンス館トップ

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン


ランキングはこちらをクリック!
posted by kurapat at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。