2010年03月15日

CentOS搭載NAS、MZK-NAS01SGS


玄箱のように既存OSとは別途にOSをインストールしないと、汎用性がないNASばかりではなかった。

記事関連リンクで見つけた記事が、

《インターネット経由でアクセス可能な「ServersMan」搭載のNAS》

メーカーは、プラネックスコミュニケーションズ。
CAS 1Bay 1TBモデル MZK-NAS01SGS
CAS 2Bay 2TBモデル MZK-NAS02SGS

の2モデルが販売中。というか既存のNASにServersManを追加して別モデルとして販売を開始したといったところのようだ。
ネットに接続することを前提にしたNASだから、CASという名らしい。

MZK-NAS02SGSはハードディスクを内蔵2ドライブでRAIDを組むこともできるらしい。

公式Webサイト:「CAS 1Bay 1TB HDD搭載モデル(1TBのHDD内蔵)」
「CAS 2Bay 2TB HDD搭載モデル(1TB×2のHDD内蔵)」

紹介記事:
清水理央のイニシャルB「第370回:インターネット経由でアクセス可能なNAS」フリービット「ServersMan@CAS」


MZK-NAS01SGS:


MZK-NAS02SGS:






倉鉢徹のサイエンス館トップ

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン


ランキングはこちらをクリック!
posted by kurapat at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。