2010年04月06日

汚染されたWebページ


GoogleChromePlusを導入したら、Webページ改ざん対応がなかなか手厳しい。

隣接市所在の引越し屋さんのWebページがGoogleによれば「不正アクセス用に改ざんされている可能性がある」と警告されている。

おかげで、「Google ChromePlus」ではそれから先のアクセスはできない。
SeamonkeyでもGoogle経由で検索した場合も、アクセスへ進めない。

SeamonkeyでYahoo検索経由ならばそのままアクセス可能。

警告は「『landmarkmunbai.in』へのアクセスコードが不正に埋め込まれている可能性がある」というもの。

どうやら、見積もり用のメールアドレスを抜き出して盗み取ろうとする目的のようだ。


  • 徳丸 浩, 田畑 拓, 三好 雅貴, 園田 健太郎
  • 発売日 : 2004/11
  • 出版社/メーカー : 日経BP社
  • おすすめ度 : (7 reviews)
    5とっても分かりやすいですね。
    4SQLインジェクションなどWebアプリのセキュリティ対策に
    4分かりやすい
    5Webアプリケーションのセキュリティを考える上での良書
    3具体的で分かりやすかったです


倉鉢徹のサイエンス館トップ

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン


ランキングはこちらをクリック!
posted by kurapat at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。