2010年05月16日

その後の外骨格スーツ「HULC」


外骨格スーツ「HULC」のその後だが、

雑誌「軍事研究2010年06月号」のカラーページに外骨格スーツ「HULC」の写真が登場。
バッテリー駆動で2時間という説明では、1年前に書いたときと大して変わらないように思えて「?」だったが、ググれば、

ブログ記事「【動画】 90kgの荷物を運び時速16kmで走れる、強化外骨格パワードスーツ『HULC』」には、ジェット燃料動力源とする48時間のタイプも開発中とか書いてある。

砲兵が榴弾を軽々と一人で持ち上げる写真は、パワーアシストの実態をよく伝えている。
アフガンで試験利用しているのだったろうか?それともアフガンのような歩くしかない地形を想定した開発を継続中だったろうか?

ちなみにジェット燃料は灯油みたいなものであって、ガソリンのような爆発的燃焼はあり得ないはず。
ジェット機の排気の臭うところでは、石油ストーブもどきの臭気が漂うのであった。





倉鉢徹のサイエンス館トップ

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン


ランキングはこちらをクリック!
posted by kurapat at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。