2010年05月17日

新たな振動宇宙論-サイクリック宇宙論本


Wiredvision記事にもなった新たな振動宇宙論である「サイクリック宇宙論」の本が出た。

公式紹介ページは、
ハヤカワオンライン「サイクリック宇宙論」

河合版振動宇宙モデルが「今の宇宙で振動は終わり。宇宙の収縮はもはやない」とするのとは異なり、この本ののサイクリック宇宙論は「振動は永劫に続く」ということらしい。

■さまざまな宇宙論による宇宙のモデルが現れるから、マルチバースとサイクリック宇宙論の融合がなされるかどうか?ってとことに関心がある。
まぁそのうちに、n次元中の任意の11次元が切り取られて、個々の宇宙が誕生するとかいうはなしもどこかで誰かが唱えるかもしれない。


サイクリック宇宙論―ビッグバン・モデルを超える究極の理論
サイクリック宇宙論―ビッグバン・モデルを超える究極の理論水谷 淳

早川書房 2010-05-07
売り上げランキング : 32263

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
質量はどのように生まれるのか (ブルーバックス) 物質のすべては光―現代物理学が明かす、力と質量の起源 重力の再発見―アインシュタインの相対論を超えて 見えない宇宙 理論天文学の楽しみ 理性の限界――不可能性・不確定性・不完全性 (講談社現代新書)



倉鉢徹のサイエンス館トップ

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン


ランキングはこちらをクリック!
posted by kurapat at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。