2010年05月28日

TSUBAME2.0胎動


GPGPUを使う東工大のTSUBAMEが新機種に更新される。

「東工大、TSUBAME2.0 を今年 11 月頃に稼働開始」

「東工大の次期スパコン構築 NEC・HP 連合が受注」

2010.03に稼動開始した原研のスパコンの12倍の性能を予定。
原研スパコンはスパコンTop500ランキング(2009後半)19位相当の能力を持つとされているから、TSUBAME2.0はTop10入りぐらいを狙っているのだろうか?
2010前半のTop500がどうなるかだが、米国勢は既存スパコンのチューンアップやマイナーアップグレードによる数値の変化しかない可能性もある。

それならば、TSUBAME2.0が(実用上、専門分野ごとのソフトのチューンアップを必要としても)上位に食い込める可能性はある。

次世代スパコンを予算バラ撒きの公共事業と勘違いしたコメントの人がいたが、研究者のためにきちんと成果を提供できなければ、無意味。

公式発表には過去のCDC Cyberシリーズのトラウマが隠れていそうな気がしないでもない、と思って調べなおしたら、CDCではなくスピンオフ企業ETAシステムズの未完成スパコンを日米貿易摩擦で購入させられたとなっていた。


「ETAシステムズ-Wikipedia」

「TSUBAME-Wikipedia」

HP Z800 Workstation (製品詳細ページ)


倉鉢徹のサイエンス館トップ

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン


ランキングはこちらをクリック!
posted by kurapat at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。