2008年02月28日

新たに第9番惑星

「新書-新しい太陽系-」で紹介した顛末で太陽系の惑星数は8個になった。
そして、いまさら第9番惑星と言われてもと思うが、太陽系生成の最有力モデルに基づいたシミュレーション結果から真の第9番惑星存在の可能性が出てきたそうだ。
「海王星外側に第9番惑星の可能性、神戸大が理論予測」

まぁ、なんだトンボーの冥王星発見の前、海王星の軌道予測と実際が合わないから第9番惑星があるに違いないといわれ、見つかった冥王星が軽すぎたからねぇ。
ならば、他に惑星があってもおかしくないという発想は浮かぶ。
後は、実際に見つかるまでパンピーは忘れても構わないかもしれない。

とりあえず、フィクションとトンデモ(?)仮説の惑星でも楽しめばよい。

「架空の惑星一覧-Wikipedia」


トップページ


posted by kurapat at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。